スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタルが豆腐の人向けの、あまり落ち込まないための独自性。

質問箱とかやっていると「こんな事があって落ち込みます。

如何にしたらいいですか?」「メンタルが弱いのでもうに落ち込みます。

」みたいなのが多くて、みんな落ち込んでいるんだなあ、と思った次第です。

かくいう自分も、メンタルが水気の多々ある豆腐くらい弱いのです。

なんか老舗の旅館とかで出てくる豆腐みたいな感じです。

あれおいしいよね。

なので、昔は落ち込んでる時が多かった気がするのですが、諸々がんばった結果、落ち込む事がかなり少なくなり、落ち込んでも数時で如何にでもよくなるという感じになりました。

生まれ持った特性とかメンタルの強さではないので、他の人にも応用可能なかなあ、と。

というか、メンタルの強い弱いは、どっちかというと、物事に反対に如何に考慮するかの習性にすぎないんじゃないか、とも思っています。

というわけで、落ち込まないための独自性を若干解説していきたいと考えます。

(単に歳をとって気にしなくなっただけでは・・・という考えは全部受け付けません)。---?---悪い事を思い出しそうになったケースには、視点をずらすというのをやっています。

なんか昔にあったいやな事とか思い出して、再びいやな心境になってしまう事ってありますよね。

あれ無意味だなーって思って。

なんか本当か如何にかは若干眉唾だなって思っているんですが、人は「過去を思い出す時は、視点を左上にする」というのを聞いた事があります。

なので視点を右上にする、という事をよく行っています。

悪い事を思い出しそうになったらこうするのです右上を見る事例は、未来の事を想像したりするケースに使われるという事を聞いた事があります。

なので、悪い事を思い出しそうになったら右上を見て「明日何にしようかな」とか、「続いて何食べようかな」みたいな事を心積もります。

これを慣れていくと悪い事を思い出しそうになった時に、髣髴とさなくなります。

そうすると、その事自体の記憶の反芻がなくなるので記憶が定着しなくなって、結果的に忘れちゃうのですね。

これを繰り返していると以前あった悪い事は、全然想起さないという事になるので推奨です。

---?---悪い事を思いめぐらす 時に想像以上に多々あるのが、同じ事を頭の中でぐるぐる何度も改修しているという事です。

つまり悩んでいるわけでも、迷っているわけでもなく、単に同じ事をリピート補修しているだけという事があります。

これは単に心情が落ち込むだけなので、無意味ですよね。

こういった時に推奨なのは、一度、紙とかに書いてアウトプットしてしまう事です。

脳の中から、外に吐き出す事で情報が視覚化する事になります。

そうすると、悩んでいる中身のたいした事なさに気づきます。

例を挙げると「文字にすると400文字ぐらいだな」みたいな事がわかります。

他にも苦慮している時には、その紙を見ながら頭を抱える、という事をします。

そうすると思考のループはしなくなります。

紙を見ながらやるので、頭の中をぐるぐるは回らない。

困りごとは、箇条書きにするとこの3点だな、とわかるので、各々に解消法などを腹積もりていくと、すごい悩んでいたものもそこまで大した問題じゃないような気がしたりします。

当然すべての問題が消えるわけではないのですが、経験的にいうと7割くらいは割と如何にでもいいトラブルだったりします。

「とはいえ、自らで困りごとを紙を記述するのが簡単ではない」という人は、いい手段があります。

それは自らの親しい人や尊敬するにメールで折衝するという方法です。

「いやいや、そのような折衝可能ななら悩まないよ!」と思うかもしれませんが、秘訣としては、「メールは送信しない」という事です。

大事なのは他人に解説が分かるように、詳しい中身を記述する事で、客観的な目線が入った記事を記述するという事です。

そうすると、アウトプットがしやすいので推奨です。

---?---「自身でコントロール可能な事」と「自身ではコントロールできないもの」をわけておくのもイチ押しです。

この2つを区別しない事による悲しみというのは結構多々あるです。

例を挙げると、「大地震が怖い」という困りごとがあったとします。

地震が起きる事自体は如何ににもならない事ですよね。

だからといって「もう地震が起きたってやむを得ない!なるようになれ!」と腹積もりていては地震が起きた時に困ったりします。

なので、「自らでコントロール可能な事」と「コントロールできない事」をわけて紙かなにかに書いておくのがイチ押しです。

自身でコントロール可能な事は、一例を挙げれば災害の阻止商品を準備したり、水などを下拵えしたり、実のところに地震が起きた時の準備を本などで学習する、といった事です。

コントロールできない事は、地震が実のところに起きる事です。

メンタルを追い詰めるのは極端な思考です。

「一切自らでコントロール可能な。

だから何が起きても一切自らのせいだ」という極端な自責思考や、「私が現在こういった状況なのは、全て、生まれたご時世が悪かったからだ。

」という極端な他責思考は、極端な結論にたどり着きやすいです。

かくの如き事を避けるために冷静に区分ておくと良いと考えます。

---?---何かをやるケースに「これは練習だ」と思う事もベストチョイスです。

メンタルが弱い人が嵌りがちなパターンとしては、一度挫折するとすごい傷を負ってしまう事です。

例を挙げると、自己紹介でめちゃくちゃ間違いすると、傷つきますよね。

けれども、これをどんどん引きずって「自身は自己紹介ができないんだ、新しい環境に馴染めないんだ」と思ってしまうはメンタルを追い込んでしまいます。

冷静に思いめぐらす と、何回かしか練習していない自己紹介を本番でいきなり成功する確率は少ないわけです。

なので、真っ先に、自己紹介をする回数を増やします。

例を挙げると、新しいスポットにいく回数を増やしたりします。

新しい習い事の体験でも、朝活でもなんでもいいんですが、自己紹介をしないといけなそうなロケーションにしきりにいきます。

そうすると、一度間違いしたくらいでは、たいして気にならなくなります。

「続いて活かそう」となります。

挫折しても「まあ、ここで間違いしても、次の新しい環境だとみんなそれを知らないしな」となります。

という事で、私は「生涯、いつもリハーサルだ」と思って行動しています。

リハーサルだとすると、行動量を多くして経験値を貯めたほうが有利だからです。

そうすると、間違いが怖くて行動しない、みたいな事が減りますし、間違いしても次がある!って思えるようになります。

水野愛也さんの「LOVE理論」という名著があるのですが、そこにも「いつも5人を口説け!」みたいな事が書いてあります。

同じ事ですね。

1人に振られてもあと4人いる、みたいに思案する事が、挫折へのおそれを取り除き、自信がでてくるという感じです。

---?---「悪口が気に掛かる」という人とか「上司に、それは逃げだと怒られる」みたいなジレンマもよく見ます。

これは手軽にで「考えを聞いたほうがいい人と、聞かなくていい人をわけておく」というのがいいです。

例を挙げると、黒会社で働いている時に、やめようとしたら上司から「おまえ、それは逃げだぞ、そのようなんじゃ社会じゃ通用しないぞ」と言われたりした事例に、真面目な人ほど「そうなのかあ」と思って受け入れてしまったりするのですね。

あと、「事業の起ち上げしようとしたら両親に反対されて」みたいな場合もあります。

で、たぶん、きちんとしている人は「人の話を素直にきかないとダメ」と思ってたりするのです。

でも、忠告にはもちろん、聞いた方がいいものと、そうでないものがあるのです。

それなのに、助言を過剰摂取する事で、相手にとって都合いいところに追いやられてしまうのです。

事業の起ち上げで成功した事ない両親からの考えは聞くべきか?というとたぶんNoでしょう。

黒会社程度の法人につとめている上司が社会についてどれだけ熟知しているかというとそうでもないはずです。

というので、自らの中で「この人のこのへんの話は聞いておこう」「この人の考えは無視していいな」というのを決めておいてそれで運用する、というのが楽です。

自らの尊敬する人からの忠告は素直に聞いて、そうでない人の助言は、聴いているふりをして無視する、くらいの心持ちがいいかなーと考えます。

私も忠告する事例は「話半分に聞いてください」「役に立つと思ったところだけ使ってください。

使えないと思ったら無視してください」というのですが、言っている側もそんなに聴いてもらえると思っていないので平気です(忠告を聴かないと怒る人はそれだけでやばい人なので丸ごと無視したほがいいです笑)。---?---というわけで、まだまだある気もしますが、こんなところを気をつけたらいいかなーと思うところを書いてみました。

役に立つところがあったら使ってください。

似たような話が載っている本としては「メンタルが強い人がやめた13の習性」とかがいいかもです。

諸々な参考にリストが載ってて重宝するです。

Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。